子育てあれこれ

不登校の勉強、学習の遅れに「すらら」!出席扱いになる?実際に使って口コミします!

我が家の不登校児ダイちゃん(2021年時小学6年生)が無学年式オンライン教材「すらら」で自宅学習を始めました。ダイちゃんの様子などはアメブロで更新していますので、気になる方はこちらからどうぞ!

すばるのアメブロ【リンク】

不登校児のダイちゃんですが、勉強の遅れや学習の遅れがあっては先々本人が困ってしまう…と思いオンライン学習を探していたところ「すらら」に出会いました。

さて、実際「すらら」はどうなのだろう?
実際使ってみてどうですか?
料金はいくらくらいですか?
「すらら」の自宅学習は学校の出席扱いになるのは本当?
とのお声をたくさんいただきます。

そこで今回は口コミという形で「すらら」の使い勝手をレビューしてみたいと思います。
不登校児の勉強、学習の遅れに「すらら」はどうなの?口コミしてみます!

すららの申し込み方はどうする?

無学年式オンライン教材「すらら」は、もちろんオンラインで申し込みできます。

「すらら」の無学年式ってどういうこと?

すららの教材は4種類の中から選べます。
①3教科(小学1年~中学3年)
②3教科(中学1年~高校3年)
③5教科(小学1年~中学3年)
④5教科(中学1年~高校3年)

↑かっこの中の範囲が学び放題となります。
AIによる「弱点克服機能」により学年を問わずに理解を深めていけるよう、自動で問題がでてくるようになっています。

すばる
すばる
ダイちゃんは小学4年の中盤から学校にはほとんど行けてない上に、学習障がいもあるので無学年式は助かります♪

「すらら」の料金は高い?

「すらら」の料金は①~④のいずれかを受講するか、支払い方法によって変わります。
一番安いのが①3教科で4か月継続払いの8228円(税込)です。

すばる
すばる
ちなみに我が家では③5教科(小学1年~中学3年)を申し込みました。
神STさんなどに相談した結果、社会や理科もやることで興味の範囲が広がり飽きずにできるのではないかとのことでした。

他のオンライン学習に比べると若干高めではありますが、塾に通わせるよりは安い。
さらに、実際に体験してみてこの料金は妥当と感じました。
この後で詳しく書いていきます!

⇒資料請求はこちらからできます:自宅での学習をサポートする無学年式オンライン教材【すらら】

「すらら」を実際使ってみた感想は?

「すらら」を使ってみた感想をダイちゃんに聞いてみました。

「すらら」はどこまでも追いかけてくる!

ダイちゃん
ダイちゃん
アニメの先生がでてきて説明してくれるんだけど、それがすごいわかりやすいよ。
すばる
すばる
その先生の説明は何度も聞けるの?
ダイちゃん
ダイちゃん
何度も聞けるし、早送りとか巻き戻しとかもできるし、なんなら飛ばす(スキップ)することもできるよ。
すばる
すばる
自分のペースでできるっていいね。
ダイちゃん
ダイちゃん
でもねぇ、「すらら」はね、しつこいの。
すばる
すばる
しつこいってどういうこと?
ダイちゃん
ダイちゃん
間違った問題がその日のうちに何度もでてくるの。しつこく追いかけてくるの。できるまで(笑)
すばる
すばる
さすがドS教材と名高いだけあるね(笑)

 

「すらら」ではわからない問題があると、学年を越えてその前の理解につながるような問題が次々とでてくるようになっています。勉強が遅れてしまっている子も、こういうシステムがあれば安心ですね!

「すらら」はどんな子に向いている?

実際に「すらら」の利用者はどのような子が多いのでしょうか?

「すらら」利用者の6割は不登校や発達障がいのある子

「すらら」の公式サイトやSNSを見ていると、利用者の約6割が不登校またはASDなどの発達障がいを抱えるお子さん、残りの4割がいわゆる健常児と言われているそうです。「すらら」は発達障がいの専門機関と共同開発されたシステムなので、そういった子どもたちに支持されているんですね。

無学年式の学習システムだからこそできること

無学年式が支持されて、帰国子女の学習サポートや、塾や学童などで導入している所もあるそうです。


学びなおしをしたい大人で受講している人もいるそうですよ!
また、ASDなどで「できるできないの差がとても大きい子」にもぴったりだと評判だそうです。
⇒資料請求はこちらからできます:自宅での学習をサポートする無学年式オンライン教材【すらら】

「すらら」は出席扱いになるって本当?

無学年式オンライン教材「すらら」にでの学習によって出席扱いにしている学校は公立校で約1000校、私立校で約200校だそうです。

文部科学省による「不登校児童生徒への支援」に位置付けられている

令和元年に「不登校児童生徒への支援の在り方について」という文書が文部科学省から発表されました。
その文書はこちらから↓
不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)ー文部科学省HP【リンク】
「すらら」は上記の条件を満たしている教材ということになります。

「すらら」で出席扱いにしてもらえるためには

無学年式オンライン教材「すらら」はこちらに準じているとして、「すらら」を受講していることで「出席扱い」にすることができます。

しかし、実際は「出席扱い」にするかどうかは学校側の判断にゆだねられています。そのため、学校に前例がない場合は親が学校側を説得する必要があります。

すばる
すばる
ダイちゃんの学校では目下、検討中というお返事が来ています。
ダイちゃん
ダイちゃん
4月頃は学校通えるかなと思ったけど、やっぱ難しかった…。僕からも先生にお願いして「すらら」で出席扱いにしてもらえるように頼んだよ。

「すらら」で出席扱いになるための条件

不登校生徒の出席扱い要件の七項目とまとめると以下のようになります。

①保護者と学校との間に充分な連携、協力関係があること
②ITや郵送、FAXなどの通信方法を活用した学習活動であること
③訪問等による対面の指導が適切に行われること
④学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること
⑤校長が対面指導や学習活動の状況を十分に把握していること
⑥学校外の公的機関や民間施設などで相談・指導が受けられない場合に行う学習活動であること
⑦学習活動の評価は、計画や内容と学校の教育課程に照らし判断すること

すばる
すばる
問題なのは⑤で、校長先生に理解がないと難しいようです。ダイちゃんの学校では担任の先生とスクールカウンセラーさんが頑張って説得してくれているみたいです。

「すらら」に入会すると本人用、学校用、保護者用のIDをパスワードがもらえますので、全員で学習の進み具合やログインした時間などもすべて把握できます。

 

「すらら」のデメリットとは

無学年式オンライン教材「すらら」は、我が家のダイちゃんにはあっていたようなのでこのまま継続していく予定です。
しかし、「すらら」が合わない子もいると思います。それはどんな子でしょうか…

「すらら」が合わない子はどんな子?

①自分で勉強ができる子
②受験を目指している子
③基礎学力はついている子
④学校の授業についていける子

…だと思われます。

すばる
すばる
「すらら」は基礎学力をつけるにはぴったりですが、受験には向かないかも。割と簡単で基礎的な問題が多いようです。

「すらら」のデメリットとは?

個人的に「すらら」のデメリットと思う点はこんな感じです。

・PCまたはタブレットが必要
・オンライン式にしては若干料金が高め(でも納得)
・入会金がかかる(期間限定無料もある)
・受験には向かない
・人に直接習いたいと思う人には向いてない

「すらら」は親をも助けてくれる…!

オンライン教材「すらら」に申し込むと、生徒一人に「すららコーチ」がついてくれます。不登校や発達障がいなどにも理解の深い先生で、学習計画や進路の件、また子育ての悩みまでチャットを答えてくれるのです。

すばる
すばる
公式にも書いてありますが、「すららコーチ」は親のサポートがむしろメイン。先の見通しがたって親が笑顔になるとお子さんも学習意欲が沸いてきたりと相乗効果は高いようです!
ダイちゃん
ダイちゃん
勉強でわからないところはボクもコーチに質問してるよ!

この「すららコーチ」の存在は大きいと思います。特に不登校や発達障がいのお子さんを持つ親はみな疲れ果てていて、相談する先もない…という人も多いと思います。「すららコーチ」そんな保護者の皆さんの味方です。
しかも先生とは専用アプリのLINEでのやり取りとなりますので、時間のあるときに返信ができたりと便利。また希望すれば電話でも対応してもらえます。

⇒資料請求はこちらから:自宅での学習をサポートする無学年式オンライン教材【すらら】

まとめ

いかかでしたでしょうか?皆さんのお役に立てる情報はありましたでしょうか?
何かありましたら、アメブロを通じてでもまたは問い合わせフォームからもご連絡くだされば追記いたします。

個人的に「すらら」はいいなと思った点は以下の通りです。

・無学年式でさかのぼり苦手な分野を克服できる
・アニメの先生の授業がわかりやすい
・先生がアニメのみ。人間ゼロなのが気楽!
・学校に出席と認めてもらえる(交渉中ですが…)
・自分の好きなタイミングで勉強できる
・親が学習状況を把握できる
・すららコーチと学習計画をたてることができる
・すららコーチに親も相談できる!

ダイちゃんは以前に他社のタブレット学習もやっていましたが、ダイちゃんには向いてなかったようです。他社のもので効果が出ないと感じる方にもいいかもしれません。

 

「不登校」って本当はキライな言葉です。別に学校に行けないくらいどうってことないです。(学校に行けるならいった方がもちろん学びは大きいと思いますが。)それよりも学習の遅れがあると、いつかダイちゃんがやりたいことなどが見つかった時に可能性を狭めてしまうのではないか、そちらの方が心配です。
ダイちゃんは学校に行かないくらいで自信を無くしてほしくないし、むしろ「すらら」で学ぶ喜びのようなものを感じてもらえることができたらいいなと思っています。

 

またダイちゃんの学習に何か効果がでてきたら、更新していきます!

↓資料請求はこちらからできます↓