お役立ち情報

ビジネス英語のおすすめ勉強法!使える英語は映画で学ぼう!

 

すばるです★

 

こちらでは、ビジネス英語を覚えるのに役立つ映画やドラマをご紹介します!

 

実は副業で「翻訳」もやっているワタクシ…実はバイリンガルなのですが、

映画やドラマを見る事は、ビジネス英語の最も効果的な勉強法の一つだと思うのです。

それではビジネス英語の勉強法のおすすめ映画についてまとめてみました。

 

 

 

ここでは特に英語の聞き取りに苦労している方むけの情報です。

 

 

 

 

ビジネス英語の最短勉強法!社会人の生きた英語を学ぶコツ

英語の勉強法はさまざまありますが、留学するよりも早く身につく勉強法をお伝えしたいと思います。

 

それは…

映画やドラマをまるごと

耳だけで覚える!

 

 

 

 

映画まるごと暗記して、セリフとすらすらと言えるようになったら、いわゆる「英語耳」ができあがります。一度「英語耳」ができあがると、あとの勉強はとても楽になると思います。

 

 

オススメする理由は4つ

①実際に使えるフレーズが身につく

②生きた英会話のリズムが身につく

③耳だけで覚えると変な発音が身につきにくい

④飽きないで楽しみながら勉強できる

さて、どんな映画やドラマがいいのでしょうか?

 

 

ビジネス英語の勉強法として映画ドラマを選ぶポイント

①最近のドラマか映画を選ぼう

      (ここ10年以内)

②訛りの少ない英語の作品を選ぼう

      (米・大都市が舞台のものがよい)

③法廷、裁判系は避けよう

      (専門用語がありすぎて混乱します)

 ④ミュージカル系は避けよう

     (歌に合わせて聞き取りづらいことが多いです)

すばる
すばる
もしTOEIC対策をしている方でしたら、聞き取りやすい英語だけで勉強してはいけません!

リスニング試験では様々なアクセントの英語からの聞き取りが必須になりますので、いろんな国の英語に慣れておく必要があります

 

 

それではここから

実際にこれは使える!と私が思うドラマや映画をご紹介します。

 

今回選んだ3作品の特徴とは:

①主人公が聞き取りやすい訛りのない英語を話す

②ビジネスの現場で役に立つフレーズが多い

③生きた会話のリズムが学べる

の3つを重点的にみて選びました。

 

 

ホワイトカラー

NYのFBIのエリート捜査官ピーターと、天才詐欺師のニールが難事件を解決していくストーリー。2人とも英語が聞きやすいのでオススメです。

またピーターが上司や部下とやりとりする場面が多く、このあたりの会話はとても役にたつと思います。スピードのある会話がカッコいいですよ!

 

Peter “You are already getting along. You keep him in line?”

Sara “Yes I am in charge,he is my headache.”

Peter “Good,everything is settled.”

 

ピーター「君たちはもうお互いよく知ってるだろう。彼を頼んだよ。」

サラ「彼は頭痛の種だけど、私が責任もつわ」

ピーター「よし、これでいいな。」

「ホワイトカラー」 シーズン3第14話「名器の秘密」より

「ホワイトカラー」はHuluで見れます!

hulu

 

マイ・インターン

若くしてファッションサイトの社長となったジュールスとそのアシスタントになった70歳のベンのストーリー。

ほとんどの場面が会社内なので、使える表現がたくさんあります。

ジュールス役のアン・ハザウェイの英語は早口ですが、とても聞き取りやすいです。

そしてロバートデニーロ演じるベンが礼儀正しい英語を使っていますので、こちらも参考になると思います。

Jules

“ OK. This is not going to working out. In my opinion. How long do I have to do this for minimum?”

Cameron “ 6 weeks or we’ll be sued”

 

ジュールズ「いいけど、うまくいかないと思うわ、私の意見だけど。最短で、どれくらいそれやらないとだめなの?」

キャメロン「6週間。でないと、訴えられます。」


「マイ・インターン(2015)」より

 

「マイ・インターン」はHuluで見れます!

hulu

 

SATC(映画)

一世を風靡した人気ドラマの映画化!使える表現がたくさんあります。

主演4人の英語にほとんど訛りがなく、4人の職場のシーンなども多いことから役立つフレーズかたくさんあります。特に主役のキャリーと、アシスタントのルイーズのやり取りはいかにもアメリカ人らしいやり取りですね。

キャリーのナレーションが前編に入っていますが、これがとてもオシャレな言い回しなので女性の方はこちらの映画がおすすめです。

Louise “Oh shit.. it’s him, right?”

Carry “ Delete, or is there some cyber space place you can send those  that I never have to see emails from him ever again?”

Louise ”….”

Carry “ Do that, please”

 

ロージー「しまった、彼なんですね」

キャリー「消しておいて。それか、彼からのメールを二度とみなくてすむように、パソコンのどこかにいれといて。」

ロージー「

キャリー「やって!」

「Sex And The City 2」より

 

こちらの3作品は『Hulu』で見る事ができます!

とりあえず2週間は無料トライアルができますので、その間に自分のお気に入りがあるか探してみてくださいね!

↓無料トライアルのお申込みはこちらから↓

海外ドラマバナーほとんどの作品で英語の字幕をつけたり、字幕を消したりすることもできるのが便利です。

 

【Huluで英語字幕の出し方】

↓Huluの動画の画面、右上の設定マークを押すと

 

↓字幕や画質、再生速度を調整できます!

 

お気に入りの映画やドラマを、まるごと覚えるようなつもりで何回も見てみてください。

 

 

 

すると、耳に残るフレーズがいくつかでてきます。

その時に初めて英語と日本語の字幕をつけて、なんと言っているか見てみてくださいね。

 

 

皆さんが楽しくビジネス英語の勉強ができますように…!

また、ビジネス英語の勉強に役立ちそうな映画を見つけたら、更新していきます。

 

 

hulu

 

↓合わせて読みたい↓

ビジネス英語の勉強法!社会人はオンラインが便利!